東京大学総合サイト all-todai -バイト、インターンシップ働くコンテンツ
トップ働く就職活動外資金融業界


| バイト  | サークル  | インタビュー  | 生活 | クラスHP  | 学術  | 施設 |

外資金融業界 徹底分析 第2弾!! ○外資金融業界○
外資金融業界概要


一口に外資系金融機関と言っても様々な種類の金融機関が存在します。多くの学生が希望している外資系金融機関はインベストメントバンク(投資銀行)が多いと思いますので、ここではインベストメントバンクについてざっくりと説明してみたいと思います。

インベストメントバンクとは、日本の証券会社のようなものだと思ってみるとイメージが湧きやすいのではないかと思います。

サービスの提供を機関投資家や法人顧客にしぼり、証券の発行から流通までに関してサービスを提供しています。(リテール業務は行っていません。)

彼らに対し、発行市場(プライマリーマーケット)や流通市場(セカンダリーマーケット)において、企業の財務戦略に基づいて株式や債券の発行を行ったり、取引の仲介、M&Aのアドバイザリーを行っています。

代表的なインベストメントバンクは、ゴールドマンサックスモルガンスタンレーメリルリンチJPモルガンリーマンブラザーズドイチェUBSなどが挙げられます。

外資金融業界の実態
インベストメントバンクの仕事


インベストメントバンクはプライマリーマーケット側の仕事とセカンダリーマーケット側の仕事がきっちりと分けられています。ちなみに、前者の仕事をインベストメントバンク部門、後者の仕事をセールス&トレーディング部門と呼んでいます。インベストメントバンキング部門はさらにクライアントカバレッジとプロダクトスペシャリストのグループに分けられます。

クライアントカバレッジ側の仕事は、顧客の財務戦略の相談に乗る窓口的な役割を行うのに対し、プロダクトスペシャリストは財務戦略の遂行に必要な商品の設計を行います。

セールス&トレーディング部門では、投資家を顧客としており、証券の売買を行ったりしています。
扱っているものは様々で株式、債券等に分かれています。ただ、会社によって上記のように分かれているとは限らないので注意してください。


外資系金融機関の仕事量と報酬

外資系金融機関=激務というイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょうか。
実際に外資系金融機関で就業経験がある方の話では、
「部門による。」という意見が大半でした。
ただし基本的には日系企業に比べて激務であると思っているのがよいでしょう。
金融の仕事に自分のやりがいを見つけれる方にはお薦めできます。

離職率(解雇を含む)が高く、会社に行くと、隣の席の同僚の机に
ダンボールが積み重なっているのを見ることもあるそうです。

成果を出せねば解雇を言い渡される会社ではありますが、その分、報酬も大きく、新卒1年目は、多くのインベストメントバンクで600万円という高額な報酬が支払われます。

生き残っていくことができれば、1億円を超える報酬を期待することもできるので、挑戦の場としては最高の環境かもしれません。